• noriyasunagai

Vol.9『医師が患者の目を見て診療できるようにしたい!』電子カルテメーカーの新たなチャレンジ!

『kanata』への思い


電子カルテが医師をPCに縛り付けている事を気づかせてくれたのは滝内の息子でした。

この時に気づきを与えてくれた滝内の息子は白血病と闘い幼くして命を落としてしまいました。

滝内の息子の名前が『奏向(かなた)』です。

息子の『奏向(かなた)』が診察室で感じた不安を味わう方がなくなる様に、サービスの開発と自らが成長しチャレンジを続けていきます。

これが、『kanata』を社名とサービス名称にした滝内と全スタッフの思いです。