• noriyasunagai

Vol.5『医師が患者の目を見て診療できるようにしたい!』電子カルテメーカーの新たなチャレンジ!

kanata株式会社の創業とVoice-Karte誕生


お世話になっている医師の方々にプロトタイプのご意見を頂きながらサービスのブラッシュアップを続けると共に、サービスの事業化を進めるべく仲間3人で2018年11月にkanata株式会社を創業致しました。

そして、2019年1月医療秘書機能付きクラウド電子カルテを『Voice-Karte』と名付け、サービスのリリースに至りました。


このVoice-karteは、医療秘書の知識に基づく構文解析と音声認識を組み合わせる事により、患者との診察中の会話からバイタルなどのデータを生成し、処方・検査・処置等のオーダーの下書きを自動で作成できます。

この結果、医師は自動作成されたデータやオーダー案を確認・修正・承認するだけとよくなり、PCに縛り付けられるのではなく患者としっかり向き合った診察が実現できる様になります。