• noriyasunagai

Voice-Karteが在宅医療でもご利用可能に!情報共有機能を追加開発!!!

弊社は、自社が提供するクリニック向け音声解析機能搭載クラウド電子カルテVoice-Karteに、在宅医療でもご利用頂けるように予定確認、経路探索、情報共有に関わる機能を追加しました。


◇Voice-Karte情報共有機能について 情報共有機能は、在宅医療のドクターから必要と指摘されて開発された機能です。 音声認識しオーダー発行できることは在宅医療での有効とご認識頂く一方で、診察予定や患者宅への行き方をスマートフォン等で容易に確認・調整できること、患者様に関わるディスカッションや情報交換ができることが必要であるとご指摘いただき、今回のリリースにいたりました。





Voice-Karteにおいて診察予約や受付処理をを行った時点で、自動的にGoogleカレンダーで予定が生成される機能を設けました。さらに、Googleカレンダー上に患者住所が記載されているため、Googleマップによる経路探索もシームレスに行えます。なお、情報共有やディスカッションは、GoogleチャットかGoogleハングアウトを利用します。 この結果、かかりつけ医のみならず、在宅医にもVoice-Karteをご利用頂けるようになりました。 なお、機能追加による費用の追加はございません。

このような環境の実現に際して有効だったのが、音声ファイルのテキスト化等を通じてGoogleのAPIに精通していることです。 今後も、Google等の既存の機能を有効活用しながら、新たなニーズにも迅速に対応していきたいと考えています。