Voice-Karte開発背景​

「電子カルテの導入により、医師も事務も楽になる。そして、見たい情報がいつでも見られるようになる。」

このような期待のもと、わが国で電子カルテが登場してから20年近くたっています。

しかし、診療所における電子カルテ普及率は、4割にも達していません。​

 電子カルテに移行していない診療所の医師達にお話を伺うと、

「電子カルテを導入すると、記載や検索に時間と手間を要するので、

患者と向き合えなくなってしまう」

という声をよくお聞きします。

つまり、患者と向き合った診察を志している

医師のための電子カルテがないのです。

 

 このような状況を解決すべく、kanata株式会社では、「紙カルテの進化形である電子カルテ」の開発に取り組んできました。その結果、音声入力による手書き以上の記述力と、インデックス(紙カルテの「ふせん」)による検索力を備え、患者様の今と昔と向き合える電子カルテ『Voice-Karte』を開発致しました。

 今後も、インストールが不要というクラウドサービスの特性を活かして、随時のバージョンアップにより、音声入力とキーボード、紙のベストマッチを探ってまります。​