『医師の働き方改革』&『患者様が安心できる診察』

『Voice-Karte』には、医療秘書の知識に基づく構文解析が搭載されています。これを音声認識と組み合わせることにより、患者様との診察中の会話から処方、検査、処置等のオーダーの下書きまでを出来るようになっています。
この結果、医師は自動作成されたカルテやオーダー案を確認・修正・承認するだけでよくなるのです。このような機能を認められたVoice-Karteは、「ドクターの働き方改革」と「医療の質の向上」にも役立つツールです。

 

2020.05.05

2020.03.16

2020.01.01

2019.11.09

2019.07.25

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。本年もよろしくお願い申し上げます。

​HOSPEX JAPAN2019に出展致します。(11/20~11/22 会場:ビッグサイト)

Voice-Karteが医療法人光恵会に採用されました

Voice-Karte Demo Movie

demo

​医療情報システムガイドラインに準拠したサーバ構成

3省発行のガイドラインに準拠したセキュリティ万全のサーバ

  • Voice-KarteのサーバはAmazon Web Service(AWS)で運用。

  • 日常業務におけるセキュリティの不安なし

  • BackUp体制が整いBCP対策

​※BCP:Business Continuty Planの略

オンライン医療秘書『kanata』の開発

弊社は、より多くの医療従事者の方々にご活用頂くために、Voice-Karteから構文解析を切り出したオンライン医療秘書『kanata』を開発中です。
これを他社様の電子カルテにアドオンすることにより、クリニックや診療科目に限らず幅広い医療機関でご利用頂けるようになります。

さらに、電子カルテに限らない様々な医療・介護ICTツールとの連携を通じて、ドクターのみならず、実務中の記録に悩まれている看護師、介護士、理学療法士等の働き方改革にも貢献できるツールとしての成長も目ざしています。

​オンライン医療秘書『kanata』が医療現場と診療に特化した電子カルテや業務システムとの橋渡しをいたします。